photo

【靱公園秋のバラ祭2021】公園街★文化祭

出店者申し込みはこちらのLINE公式にご登録ください

LINE友達追加

「バラ祭」を楽しみ、「スーパージュニア」を応援しながら靱公園界隈ならではのエリアコミュニティーを一緒につくりませんか。

 靱公園が開園50周年を迎えた2005年。「人気のない靱公園を人の来る公園に!」という今日では信じられないようなミッションを当時の大阪市から託され、そこに集まった靱公園ラバーズたち(のちに「靱公園くらしとみどりネットワーク」に発展の発案で、翌2006年から始まったのが「靱公園バラ祭」です。

 あれから15年。私たちの靱公園は今では毎日がバラ祭のようなにぎわいです。
当初の目的を十二分に果たしたことを見届け、春に開催していたバラ祭は2017年にひとまず幕をおろしました。2018年からは毎年10月に開催されるテニスの「世界スーパージュニア」の応援広報を兼ねた「秋のバラ祭」として活動が始まりました!

 ところがこの時期は荒天が重なることが多く、大雨に台風そして想定外のコロナ禍と、いまだに満足な開催ができていません。昨年はオンラインで開催しましたが、やっぱり“リアル”がいいねということで、なんとかリアルの楽しさを実感できないかと手探りで企画したのが今年の<公園街の大文化祭>です。

 ぜひ「秋バラ」にご参加いただき、公園界隈ならではのワクワクする街並びの面白さを一緒に発見・発信していきませんか?

 10月10日(日)~16(土)の7日間です。そのうち1日でも3日間でも7日間ずっとでもOKです!
お店のキャンペーン、フェア、会社の展示会、POPUPイベント、ライブなどなど楽しい文化祭を作っていきましょう!

お知らせ

2021/9/16

【公園街★文化祭 参加申し込み】

出店者申込ご希望の方は「公園街★文化祭のLINE公式」よりお申込みください
MAP制作につきフォームのご記入、参加費のお支払いは9月28日(火)までにお願い申し上げます。

LINE友達追加

大阪市西区 靱公園にて開催する「世界スーパージュニアテニス」「秋のバラ祭」のInstagram、Facebookを開設しております。四季折々の靱公園をお伝えしていきます。お楽しみに♪ フォローお願いいたします。

■世界スーパージュニアテニス

 @wsjtennis

■靱公園 秋のバラ祭

 @rosefesta.utsubo

 靱公園バラ祭

2018 男子シングルス優勝選手
<世界スーパージュニアテニス>

『春のバラ祭』から『秋のバラ祭』へ

 靱公園が開園50周年を迎えた2005年。「人気のない靱公園を人の来る公園に!」という、今日では信じられないようなミッションを当時の大阪市から託され、そこに集まった靱公園ラバーズたち(のちに『靱公園くらしとみどりネットワーク』に発展)の発案で、翌2006年から始まったのが『靱公園バラ祭』です。


ケヤキ並木のふれあいカフェ(東園内)

 わずか10数年前ですが、ここ靱公園界隈の街の様子は今とはずいぶん違っていました。昼間でも人通りは少なく、店舗も昔ながらの商店が数軒ある程度でした。90年代のバブル崩壊の後遺症を引きずる平成不況が街中を覆い、公園内はもちろんのこと界隈で小さな子供連れのファミリーを見かけることは稀な風景でした。
ちなみに2005年の西区人口は62,194人(大阪市統計)。2000年前後からジリジリと減り続け、このままでは5万人台に落ち込むのも時間の問題かと区役所のなかが危機感に包まれていた時代です。


バラ祭の足跡を記録した冊子
『靱公園しんかろん』

 そんな時に託されたミッションでした。メンバーたちは都心部に立地する靱公園の可能性を信じ「パークマネージメント」の思想で公園と街との一体化を図ろうと、公園を地元住民や街を訪れる人たちが出会う『広場』と捉え、そこで新しい交流やネットワークが生まれる場づくりを目指しました。
お金も時間もないなか、メンバーそれぞれが持つ多彩なスキルと個性豊かなヒューマンネットワークをフル稼働させ、行政との粘り強い交渉の結果生まれたのが『靱公園バラ祭(Rose Festa)』です。


ローズガーデン・アフタヌーンコンサート

 当初は50周年記念の単発イベントのつもりが想定を上回る反響の大きさに背中を押され、西区役所からの継続要請もあり、翌年も、その翌年もと回を重ねることになりました。 その間来場者は年々増え続け、早くも3年目には週末2日間で4万人を超える賑わいを見せるようになりました。心配されていた人口減問題も街の空気をリニューアルさせたバラ祭効果もあってか2006年を底にV字回復を遂げ、2010年には83,058人、2015年には92,430人、そして昨年時点ではなんと105,891人を数え、街の恒常的な賑わいとともに私たちの靱公園界隈の魅力は今後もますます高まっていきそうな気配です。


バラ祭活動の源流となった町内お散歩冊子
『京町堀輪舞曲(ロンド)』※2001年~

 そんなことで当初の目的を十二分に果たしたことを見届け、春に開催していたバラ祭は2017年にひとまず幕をおろし、2018年からは毎年10月に開催されるテニスの『世界スーパージュニア』の応援広報を兼ねた『秋のバラ祭』として、公園の外である界隈の街全体の魅力を緩やかなネットワークづくりを通して発信していこうと活動しています。  ところがこの時期は荒天に重なることが多く、大雨に台風そして想定外のコロナ禍と、いまだ満足な開催ができていません。昨年はオンラインで開催しましたが、それから一年を経てやっぱり“リアル” がいいねということで、行動の制限されるコロナ禍のなか、なんとかリアルの楽しさを実感できないかと手探りで企画したのが今年の<公園街の大文化祭>です。 ぜひ『秋バラ』にご参加いただき、公園界隈ならではのワクワクする街遊びの面白さを一緒に発見・発信していきませんか。

問い合わせ 靱公園くらしとみどりネットワーク
mail:info@rosefesta.com

2019年度 秋のバラ祭の様子です。

※2017年度 春のバラ祭の様子です。

「地下鉄四つ橋線肥後橋駅から」
7番出口から出られてそのまま四ツ橋筋を南へ。京町堀1丁目の交差点を右折ししばらく直進。
「地下鉄御堂筋線 本町駅から」
四つ橋線本町駅へ向かい、28番出口から出られてそのまま四ツ橋筋を北へ。 京町堀1丁目の交差点を左折ししばらく直進。
三角
©2021 ROSE FESTA ALL RIGHT RESERVED.